第3回 企業のSNSは「上顧客を育てる」強力なツール!

『0円PR』の著者である笹木郁乃さんのPR手法をお伺いするインタビュー。3回目の今回は、もはや外しては考えられないSNSについて。TwitterやFacebookなどのSNSは、企業としてどのように活用していけばいいのか。万能ではない側面と、SNSでなければできない役割を明確にしながら教えてくれた。 SNSは万能ではない! 認知を広げるのはメディア 栃尾 SNSマーケティングが注目されていますが、SNSをどのような位置づけでとらえればよいのでしょうか? 笹木 まず、商品を認知させるためにSNSを使うのは簡単ではありません。圧倒的に認知させたいなら、やはりメディアの力を使った方がいいんです。 栃尾 今でもやはりそうなのですね。そこは、かなり誤解されている方が多そうです。 笹木 売り上げを伸ばすのはメディアPRと考えてください。多くの人にリーチしたいならマスパワーは必須です。 栃尾 メディアPRと広告とで売り上げが伸びている企業も、SNSって必要ですか? 笹木 「パレートの法則」ってありますよね。2割の顧客が売り上げ全体の8割を占めるという話。そう考えると、やはりその2割のロイヤリティが高い上顧客を育てることは大事だと思います。 栃尾 なるほど! 役割が違うのですね。 笹木 SNSは、メディアで伸ばした売り上げを存続させるために使います。「ファン化」や「上顧客を育てる」イメージですね。使ってくれた人に「いいね」やリプライをしたり、良いコメントはリツイートしたりしていきます。 栃尾 私も感想を書いたメーカーさんに「いいね」やリプライをしてもらったことあります! うれしいですよね。 笹木 そうすると、また投稿しようかなという気持ちになると思うんです。売り上げを拡大するほどバズらせるのは実際難しいので、それよりも濃いファンの方と交流をする場だと捉えると割り切った方がいいと思っています。 SNSでの発言は、同じジャンルの本棚をイメージして! 栃尾 企業がこれからSNSを始めたり、今やっているアカウントを改善したりする際、どんなことに気を付ければいいのでしょうか? 笹木 よくある間違いは、「ブランドイメージを保とう」と考えすぎてしまうこと。例えば、Twitterの投稿内容を、まるでホームページかのようにしっかりと作り込んでしまうんです。 栃尾 それは手間がかかりますね……。 笹木 手間がかかるだけでなく、様々な人の承認やチェックを受けているうちに、無機質なつまらないものになってしまう。ただの情報ならホームページで見ればいいわけで、そうではなく「人が話す体温が感じられるから面白い」という共感を刺激する部分を出していったほうがいいですよね。 栃尾 担当者を決めたら、ある程度任せる必要があるんでしょうか? 笹木 そうなんです。私も、自由にやっていた時は伸びたのに、上司の承認が必要になってから急に伸びなくなった経験があります。特に、SNSの特性や文脈をあまりわかっていない上司がチェックするようだと、広がるのは難しいでしょう。スピードも落ちますし、人間味が消えてしまいます。 … Continue reading 第3回 企業のSNSは「上顧客を育てる」強力なツール!